HOME > 寄附金募集のお願い

寄附金募集のお願い

寄附金募集のお願い

公益社団法人全日本きものコンサルタント協会では、公益を目的とする事業の充実を図って一層の公益増進を達成するために、幅広く寄附金を募集しています。ご寄附いただく際には、以下の特定の事業にその使途を指定することも可能です。特にご指定が無い場合には協会活動全般に使わせていただきます。皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

●全日本きものコンサルタント協会の公益目的事業

  1. きもの文化の普及・振興に関するイベント等の開催(きもの文化普及事業)
  2. 和装、礼法、マナーを通しての青少年教育の推進(青少年教育事業)
  3. きものを通じて諸外国との交流親善を図り、きもの文化の普及事業(きもの文化使節団事業)
  4. きものの着装、礼法、マナー等に伴う人材の派遣(人材派遣事業)

寄附金優遇措置について

当協会はきもの文化の普及・振興をもって、公益の増進に著しく寄与するものとして所得税法に 定められている特定公益増進法人に該当するため、寄附者は寄附金控除を受けることができます。 個人の場合は、特定寄附金として一定金額まで寄附金控除が認められ、法人の場合は、一般の寄附金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。

個人の場合
1.所得税

その年の特定寄附金合計金額のうち2,000円を超える金額につき適用されます。
「所得控除」適用の場合
寄附金額-2,000円=所得控除(※1)
「税額控除」適用の場合
(寄附金額2,000円)(※1)×40%=税額控除額(※2)

2.住民税

所得税の確定申告の際に、個人住民税の寄附金控除も合わせて申告できます。都道府県・市区町村が各々の条例で指定した寄附金が、個人住民税の軽減措置(寄附金控除)の対象となります(全国一律ではございませんのでご注意ください)。 寄附金額から5,000円を差し引いた額の
A)都道府県指定の場合は、4%が個人都道府県民税の税額控除となります。
B)市区町村指定の場合は、6%が個人市区町村民税の税額控除となります。
対象となる寄附金の上限額は、年間所得の30%です。

3.相続税

相続により取得した財産の一部または全部を寄附した場合、寄附した財産に相続税が課税されません。申告期限は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内とされています。

(※1)総所得金額等の40%相当額が限度
(※2)所得税額の25%相当額が限度

法人の場合

当協会に対する賛助会費は、一般の法人寄附金とは別枠で、損金算入が認められています。

■企業が寄附を行った場合の優遇措置(損金算入限度額の特例)

寄附金控除の詳細は、国税庁ホームページをご参照ください。

【国税庁のホームページ】公益社団法人等に寄附をしたとき

ご寄附の手続

ご寄附の送金には下記金融機関をご利用ください。現金書留もご利用いただけます。尚、金融機関ご利用の場合は、寄附金領収書送付のため、住所、氏名、電話番号と寄附金額をFAX(03-3591-3122)、または郵便にてご連絡下さるようお願いします。領収書がありませんと優遇措置を受けられませんので、ご注意下さい。

【銀行振込先口座】

みずほ銀行横山町支店 普通預金 口座番号1088874
<口座名>
公益社団法人全日本きものコンサルタント協会寄附金口
(コウエキシャダンホウジンゼンニホンキモノコンサルタントキョウカイキフキングチ)

【現金書留の送付先】

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル10階
公益社団法人全日本きものコンサルタント協会寄附金係

お問い合わせ先

TEL 03-3591-3015 伝統文化振興寄附金担当係

先頭へ戻る